3月31日  フリー走行  ヒーローしのいサーキット

 去年の6月以来 久々のサーキット。完成したストリート仕様でシェイクダウン !!
が !!、、、、行きの東北道でトラブル発生。栃木手前あたりにさしかかったあたり、アクセルをOFFにするとリアの方から ガガガガガガカ!!! ガガガガッ!!!! と強烈な音が !!! なるべくアクセルをOFFにしないよう 車間距離を空けパーキングにピットイン !! 各部をチェックするも原因判明できず 再びコースイン。何とかサーキットに たどり着き、色々と調べた結果 プロペラシャフトとデフケースの間のジョイントが、マフラーのサブタイコと どういう訳かアクセルをOFFにした時だけ当たっていたらしい、、、、、。
地上高をかせぐため、マフラーブッシュをホースバンドで締め上げマフラーをフロア ギリギリまで持ち上げていたのが原因。それまでは当たったことは無かったのに、高速を走っている間に少しズレたのか ??? とりあえず そのホースバンドを外し、マフラーを下げ問題解決。ただ、サブタイコの角が すり減って凹んでしまった、、、。

 気を取り直し、走ろうと思いきや、誰も走っていない !? 何やら とんでもないデカイ木がブッ倒れてコースを塞いでしまい、反対の上の方では落石が かなり有り、もうしばらく走れません とのこと。昼休みをまたいで2本 走ったとこで 今度は雨が、、、、、。
 ここまできて事故っては どうしようもないので ここらで走行終了し、飯食って解散。 

ちなみに この日は車高やアライメント、バネレートなどの足回りのチェックが目的だったのでタイムは計測せず。A048からSdriveへの変更だったので 差はもちろん有るが、走る楽しさは全く変わらないことが解った。また、いままで固いレートでは感じづらかった減衰力調整による変化も レートを落としたことで一段ごとの変化が感じられるように !! これは かなり嬉しい発見。
 高速で突然のトラブルもあってヒヤッとしたが、色々と収穫もあり。

      

      




 4月15日  TOYO TIRE ターンパイク他

 やっと手に入れたナビ(ミニゴリラ)を取り付け 威力をためすべく箱根へ。
首都高など下道と上下に道が重なってるところは どっちを走っているのか解らなくなるらしく、高速を走っていてもコンビニとか表示して「次の信号右 !!」とか言われながら 首都高〜東名〜厚木小田原道路へ。
 デジカメを忘れたことに気づき PAで今時 写ルンです を買ってターンパイクヘ。いつの間にか「TOYO TIRE ターンパイク」に改名されてた、、、、
 途中ではぐれた仲間とポルシェがずら〜と並ぶビューラウンジで待ち合わせ 甘酒茶屋へ。そこで一服した後、大湧谷へ。日曜だったので渋滞し、観光バスの乗客もイラついて降りて徒歩で登っていくほど。徒歩の彼らと抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げながら頂上Pへ(結果僅差で敗北、、)。 黒卵を食らって7年寿命を延ばしたとこで下山し 芦ノ湖のほとりで遅い昼食。
それから御殿場IC近くのスポーツカーガーデンヘ。黒いエンツォはシブイ !! しかし F40もF50もデカイ !! カーボンモノコックに5リッターや6リッターをボルトじか止め !! これでシルビアより軽いんだからね。いらないけど一日だけ借りたい、、。
 そして帰宅。、、が、最後に事故渋滞の連続。 やっぱストリートは16インチかな? レートかなり落としてるのに首都高の継ぎ目とか けっこうキツイ、年か???

      




  
5月9日  ワークスミーティング in 筑波山

 めちくちゃ久々の筑波山 !! 3台のはずが急遽2台に。何年ぶりか忘れたけど やっぱここは軽く流すだけでも気持ちイー!! タイヤもECOタイヤでレートもかなり落としたので減衰落とせばストリートは以外と楽。(首都高の継ぎ目はけっこう腰に効くが、、)
 なんだか一旦 楽な方に振ると どんどん快適にしたくなってしまう、、ただ、これ以上のレートダウンは車高UPにつながるし、エアロレスなので凄い車高が高く見えてしまう。
 何本か流していると、他で何度も何度も走っている車がいたが、何かの取材で色々インプレしてたらしい。
 これからはサーキットもそこそこ楽しめて、ストリートも もっと快適に遠出とかできる仕様にしていこう !!

         




   
5月19日  BPスーパーアタック 第2戦  筑波サーキット コース1000

 約一年ぶりの筑波1000。タイヤがSドライブなので走行会クラスにエントリーしようと思っていたが、いつものクセで 思わずGT-3と記入してしまい、書き直そうと思ったが面倒なので血迷って そのままGT-3にエントリー!!。

 いままでGT-3はいつも大賑わいで15台前後なのだが、なんだか様子がおかしい !? だいぶ遅れて行ったのだが、自分以外1台しかいない、、、、、、、、、まさか??
 最終的に なななな なんと3台 !!!!! 予報では一時雨とのこと。ひょっとすると ひょっとするかも !!! と、スゲー期待して練習走行開始。いつも通り丁寧にタイヤを暖め、最終を立ち上がってストレート全開 !!!  そして1コーナーめがけ いつも通り オゥリャァァァァッ!!! っと突っ込む直前に今日はSタイヤじゃなくてSドライブだということを思い出し フルブレーキ !! 即ロック!! 止まらん !!!! ここ長らくSタイヤで走り込んできたので、その走りが完全に染み付いてしまい、自分では少し手前から開始したつもりが全然 間に合っていない。少しビビッて奥のヘアピンはさらに余裕をもってブレーキ !! それでも ちょっとオーバーラン。A048からSドライブへの変更は思った以上の修正が必要だった(当たり前か)。その後 なんとか無難にまとめ、42秒9。決勝も雨を期待したが、結局ドライ。 タイムアップを狙うも 路面も悪化し、気温も上昇。結局 朝一の42秒9がこの日のベストで 午後の決勝はコンマ4落ちの43秒3。Sタイヤのベストから約4秒落ちだが、これは全てがタイヤの違いではなく、軽量化無しのため約50kgの重量増しと、ブーストを0.9に抑えているのと、この日のコースコンディションなど トータルで4秒落ち。おそらくタイヤだけの差は2.5秒くらいかな。

 慣れてくると 違和感なく楽しめるものの、問題はタレがあまりにも早過ぎる。気温にもよるんだろうけど、暖めてから全開で2〜3周が限度。スローダウンしてもリカバリーは あまり期待できない。まぁ1つのタイヤで あれもこれも というのは無理な話だし、乗り心地もいいので 今の自分には充分。
 順位は結局クラス2位。運良く 7ポイントゲット、ただ あとは続かないでしょう。欲を出して次回参加したら、凄い台数参加してそう(笑) しかもビリ、、、、

    




  5月20日  K-Car インターカップ 第4戦  ヒーローしのいサーキット

 2004年 BPSAシリーズチャンプの赤180SXさんに軽の耐久にドライバーとして誘っていただき、ヒーローしのい へ。一時期 しのい の最終コーナーも 行く度に変化して なかなか決まらなかったが、やっとこ今の形で完成らしい。
 FFでスポーツ走行は初なので、予選を練習代わりに走らせてもらったところ、視点が高いせいかヒーローコーナーがスゲー怖い !! なんだか横転しそうな気がして いまいち攻めきれない。タイムも案の定いまいち、、、、、。

 こんなこと言ったら軽でサーキット走ってる人に失礼かもしれないけど、意外と軽のNAでもスゲー楽しい !!! しのい っていうせいもあるんだろうけど、ボロでいーから、レース専用の1台ほしくなっちゃった。水温 油温も余裕だし、ブレーキやタイヤも減らないしね。
 決勝 1番手は しのいマイスターの赤180SXさん。ローリングスタートと同時に1台また一台と、ごぼう抜き !! 自分は2番手ということで、なんだか緊張してきたと思っていたら、突然スローダウン、、、。 ピットアウトして戻ってきたら、エンジン音が明らかにおかしい。アイドルはしてるが、ガランガランいってるので大きなクリアランスが出来ちゃってる感じ。油膜切れかなんかで、メタルがとろけて落っこちた!? 原因は解らないけど、ここで終了。
 残念だったけど 予選だけでも かなり楽しかった!!!

     



   9月16日 ワークスミーティングin筑波山

 最近 初心に戻ってサスを純正形状に。バネはエスペリアのダウンサスでレートは何と4kg/3kg !! ショックは最初ノーマルだったが思ったより乗り心地が悪かった。後日ショックをKYBのショートストロークに変更し縮み側のストロークを確保し、バンプラバーもバネが線間密着する直前に当たるくらいにカット!! これによりショック自体は硬めになっているものの、乗り心地は大分改善。
 またフロントのアッパーをキャンバー調整式に変更し、車高はピロ下のカラーの厚みを換えて微調整。そして本日 シェイクダウン。ワインデイングは かなりしなやかで大満足 !! 長距離の街乗りでは突き上げは解消したものの、18インチの太いホイール&タイヤ&ビッグローター&サスの純正形状化により腰下の重量がノーマルに比べ かなり増大しているため、路面の悪いところではタイヤが路面に追従できずに かなりドタバタ感が気になる。なんだか快適さを追求しだすと どんどんノーマルに近づいていく気がする。
 16or17インチ化したいがNT03+Mがかなり気に入っているため、しばらくはこのままかな。